ボン・クラー">

シフォンのこだわり

ボン・クラージュのシフォンについてのこだわりとは・・・

大きさも少し大きめの”あの大きさ”、

絶対に”カット”もしない。

これ以上小さくてもダメ!

「シフォンはこの大きさでこそシフォン」

というのがパティシエである主人の

創業当初からのこだわりです。

「カット

売りはないんですか~?」

って、

よく、お客様に聞かれるけど

それが!それが!こだわりです。

ボン・クラージュ!の外観

zp8497586rq
コメント 停止中

コメント募集!
 
RSS Twitter